三田国際マスターズマラソン

今日(12月16日)は、三田国際マスターズマラソン(ハーフマラソン)に参加しました。昨年に続き2回目の参加です。今シーズン9レース目(フル3、ハーフ6)となります。
タイムは、ネットで1時間39分34秒でした。

今日は、前半は良かったのですが、後半は腹痛が続いてまともに走れず、ただただつらいだけのレースとなってしまいました。前半の飛ばしすぎが原因か?
自分の場合、多くのレースで右腹上部が痛くなってきます。調べると、右腹上部の痛みは、フォームや呼吸方法が悪い事による横隔膜の痛みが原因のようです。ところが、今日は、右腹上部痛み→右腹下部痛み→右腹上部痛みと、後半はず~っと痛みが続いており、最初は騙し騙し走ってましたが、騙すも何もず~っとなので、「もうええ加減にせ~よ」とヤル気消失モードに。無理する必要も無いのでリタイアしようかなとも考えたのですが、それもかっこ悪いし、行けるところまで行こうと頑張ったら何とか完走出来ました。
最後は本当にボロボロで倒れ込むようにしてゴールしましたが、意外にタイムが大崩れしていなかったのが驚きでしたね。それでもゴール後は敗北感しかなく、豚汁を食べる元気もなくて、完走証をもらって速攻で会場を後にしました。
来週は、加古川マラソンあるけど、どうなるんやろ・・・

スタート前に時間があったので、会場である県立有馬高校の周りをぶらついてました。明治初期に設計された「旧九鬼家住宅」です。勝海舟の海軍塾で測量や築城術を学んだ九鬼隆範(くきりゅうはん)の自宅建物です。

三田城跡石碑です。明治維新まで存在していた三田城の跡地には、現在県立有馬高校及び市立三田小学校の敷地となり石碑が立っているのみで、城跡を思い起こす建造物は存在していません。おわり