柳生街道

今日は、柳生街道を走りました。過去にJR笠置駅から近鉄奈良駅まで走った事がありますが、今日は逆走で近鉄奈良駅からJR笠置駅までのコースです。
柳生街道は、滝坂の道(奈良~円成寺まで)、剣豪の道(円成寺~柳生の里まで)、柳生・笠置の道(柳生の里~JR笠置駅まで)に分けられたりしますが、総距離が20km程度なので、ランナーであれば分ける必要はないと思います。
<所感>
柳生街道と聞くと、「風情ある街並みを散策する歴史古道」といったイメージですが、実際にはそんな感じではないです。見所は、柳生の里くらいで、あとは里山ばかりです。なので、自分的には
柳生街道 = 柳生の里散策ツアー  +  3つの里山越え軽ハイキング
といったイメージです。

出発前にせんとくんに挨拶します。「行ってきま~す」「どもども」

柳生街道は、通常、春日大社の裏手から滝坂の道を登って行きますが、同じ道を歩いても面白くないので、今日は若草山経由で行きます。但し、若草山を登るには、入山料150円必要です。
若草山からの景色は素晴らしいです。

若草山を越えると春日山原始林を抜けて行きます。そこそこアップダウンがあります。

滝坂の道(写真左側)が合流してきます。これは進行方向の逆側から撮影しました。

峠の茶屋を通過します。かつて柳生街道を往来した人々が必ずここで一服したそうです。ここまで6kmで58分経過。既に汗だくです。今日の最高気温予想34度ですが、風が少し吹いてるので気持ち楽です。

ここから円成寺(えんじょうじ)へ向けて国道184号線を進みます。

途中、国道184号線を外れてトレイルを進みます。

円成寺(えんじょうじ)に到着です。奈良市忍辱山町(にんにくせんちょう)にある真言宗寺院です。ここまで10.3kmで1時間28分経過。

円成寺から進んで行くと、のどかな田園風景が広がります。

夜支布山口神社(やぎゅうやまぐちじんじゃ)に到着です。ここまで12.6kmで1時間51分経過。距離的には丁度半分くらいまで来ました。

ここからは、田んぼの畦道も通ります。これも柳生街道です。

南明寺(なんみょうじ)に到着です。ここまで14.8kmで2時間7分経過。
特に何もないので先へ進みます。

ここから、彼方に見える山を越えると柳生の里です。

山越えして降りてきたところに「疱瘡(ほうそう)地蔵 」があります。文字通り疱瘡よけを祈願してつくられたお地蔵さまです。

ここから、少し遠回りになりますが、柳生街道を外れて「一刀石(いっとうせき)」を見に行きます。
とある真夏の夜の出来事。柳生石舟斎(柳生十兵衛の祖父)が、神社で剣術稽古に励んでいたところ、天狗がどこからともなく現れた。
天狗「一手ご指南願いたい」
石舟斎「わしが柳生新影流師範である事を知っての申し入れか?」
天狗「委細承知」
石舟斎「ならばお相手致そう」
両者睨み合う中、それまでの静寂が嘘のように、みるみると暗雲立ちこめ雷鳴とともに閃光が走った瞬間、石舟斎の大太刀(おおだち)が、天狗の頭上をめがけて振り下ろされた。「勝った!」と思いきや、忽然と天狗の姿はなくなり、後には真っ二つに切り裂かれた巨石だけが残っていた。「マ、マジか!」刃がボロボロになった名刀を見て石舟斎ぼうぜん。みたいな話しです。

空手バカ一代ノリで
「オリャー!」

遊んでる場合じゃないので、先へ進みます。
柳生家の菩提寺である芳徳寺(ほうとくじ)に到着です。ここまで18.2kmで2時間52分経過。

ここから柳生街道に戻ります。すぐに陣屋跡があります。
柳生石舟斎の後を継いだ柳生但馬守宗矩(むねのり)は、3代将軍である徳川家光の剣術指南役として1万2千5百石の大名となり、柳生藩を開きます。宗矩は、もともと柳生城(山城)があった現在の芳徳寺から国道369号線を挟んだ向かいの小高い丘の上に陣屋(藩庁が置かれた屋敷)を築きました。

すぐ近くに八坂神社があります。

ここから少し進んだところに柳生藩家老屋敷があります。柳生藩の財政立て直しを行った家老小山田主鈴(おやまだしゅれい)の旧屋敷だそうです。

さらに進むと遠くに柳生の里シンボルの十兵衛杉が見えてきました(写真中央の枯れ杉)。柳生十兵衛が諸国漫遊に旅立つ時、植えていったとされている樹齢約350年の杉です。
昭和48年夏に二度の落雷に遭い枯れてしまいました。

いつもは、横目でチラ見するだけですが、今日は真下まで行って眺めてきました。ふ~んといった感じで特に感動はありません。

これで柳生の里周遊は終了です。ゴールの笠置駅方面へ進みます。
途中に「阿対(あたや)の石仏」があります。

ここからゴルフ場を横目に見て、笠置山まで登ります。今日は逆走なのでそれほどしんどくはありません。
笠置山(標高289m)は、奈良県と京都府相楽郡の県境に位置しています。山頂に位置する笠置寺を通過します。

あとは、ずっと笠置山を下っていって今日のゴールである「天然わかさぎ温泉笠置いこいの館」に到着です。
本日の総距離22.8km、タイムは3時間36分です。
意外に速く到着出来たので、温泉につかってゆるり汗を流します。ここの温泉施設は、広く、利用者も少ないのでゆっくり出来ます。帰りの電車が1時間に1本しかないので時間調整に丁度良いです。

笠置駅から次の加茂駅までは、単線、ディーゼル車、ワンマンカー、1車両でした。最近、ディーゼル車に乗る事は滅多にないので、こんな近場でまだ走ってる事が驚きです。加茂駅で乗り換え、JR奈良駅下車。近鉄奈良駅まで徒歩で移動し、帰宅しました。おわり

本日の活動軌跡