紀州口熊野マラソン

今日(2月3日)は、紀州口熊野マラソンに参加しました。フルマラソンの部です。紀州口熊野は、「きしゅう・くちくまの」と読みます。
今回が初めての参加です。今シーズン14レース目(フル5、ハーフ9)となります。今日の目標は、相変わらずサブ3.5です。もうそろそろ達成しても良い頃だと思いますが、結果は?
DNF(Do Not Finish)  28.5km地点、2時間26分でリタイア。
おっ! やってしまったか・・・
原因は自分でもよくわからないのですが、概ね下記の通り。

理由その1 単にしんどかったから
はぁ? あんただけやないで、しんどいのは。
最近は、フルを走る目的が完走ではなく、タイム狙いになっています。今日は20km辺りからいつもの右腹上部の痛みが出て失速が始まり、サブ3.5達成どころか、30分台も怪しくなってきて、急にやる気が失せてしまいました。加えて今日は2月にしては気温が高く(16度くらい)、疲労も色濃くて、何が何でも完走するという強い気持ちが持てませんでした。「今日はもうええか」みたいな感じ。

理由その2 リタイアし易いコース設計になっているから
はぁ? コースのせいか。終わってるな。
本大会のコースは、基本的に富田川(とんだがわ)沿いを走るのですが、スタート地点から上流→下流→上流へ向かうという変わったコースで、会場付近(駐車場も近く)を2度通過します。つまりリタイア地点によっては、すぐに駐車場に戻る事が出来ます。私がリタイアした地点は、橋を渡って駐車場に最短距離で戻れるポイントでした。これを越えると富田川上流に向かうため、駐車場から離れていき戻りにくくなるので、リタイアするならここかなあと考えてました。もしこれが、福知山マラソンのような距離半々の往復コースであれば、28.5km地点は折り返しを過ぎた復路上にあるので、リタイアしようという気持ちにはならなかったと思います。単なる言い訳ですが・・・

まあそれにしても今回は完全なる敗北でした。サブ3.5とか狙うレベルでは無いです。次回フルマラソンは、今シーズンの本命である京都マラソンですが、どうなるんでしょうね~
下記は、富田川ですが、水が殆ど流れていませんね。河川敷が駐車場になっています。

富田川堤防沿いにある上富田(かみとんだ)中学校です。自分はここに駐車しました。

今回は悲しい結果になったけど、またいつかリベンジに来るからな。待ってろよ~ とオヤジの悲痛な叫びが熊野の山々に空しく響き渡るのであった。
おわり

本日の活動軌跡