篠山ABCマラソン

 今日(3月3日)は、篠山ABCマラソンに参加しました。昨年に引き続き2回目の参加です(昨年はリタイア)。今シーズン18レース目(フル8、ハーフ10)、3週連続フルマラソン(京都、姫路、篠山)の3週目となります。

実は、先週の姫路城マラソンを走り終えた時点で、篠山はDNS(Do Not Start)するつもりでした。理由は姫路がしんど過ぎて「フルはもうええわ」と気持ちが萎えたから。ところが、前日に天気予報を見ると気温10度、曇り、一時小雨という自分好みのコンディション(本当はもう少し気温が低いほうがベター)になってるので、こんなチャンス逃す手はないやろ、この条件だったらサブ3.5十分狙えるでと、またもや妄想が頭をよぎり、急遽出走する事に。
当日は、天気予報通り、気温10度、スタート時は曇りで、レース中盤からぽつぽつと小雨が降るという絶好のコンディション。さあ、果たしてオヤジは悲願であるサブ3.5を篠山の地で達成出来た
のか?

結果は、
ネットタイムで、3時間35分39秒でした。
う~ん。やっぱりダメか・・・ _| ̄|○  けっこう頑張ったつもりなんだけどな~  でもこれが実力で、あと5分相当の頑張りが足りないという事ですね。
という事で今シーズンもまたサブ3.5ならず。失意の中、オヤジはしし汁を頰張りながらいつものペンギン歩きで篠山の地を後にするのであった・・・

さて、39回目と歴史ある篠山ABCマラソンですが、下記特徴があります。
1 参加費が5,800円と都市型マラソン(10,000円前後)に比して安い
2 制限時間が5時間20分と少し厳しめ(通常は6時間程度)
3 コースはアップダウンが少なく走りやすい
4 登録と未登録区分によるウェーブスタート
5 参加賞は、珍しい白のTシャツ(下記写真)
6 ゴール後に完走メダルと「しし汁」の振る舞い。完走証はなし(希望者のみ300円で後日郵送)
7 篠山口駅からのシャトルバスは有料(参加費が安いからね)

あと、コースの大半が田舎道なので、沿道の応援は少なめですが、随所での熱烈な応援があったり、私設エイドも充実していました。都市型マラソンのような派手さはないですが、素朴な感じの良い大会だと思います。
フルマラソンはあと4月に「津山加茂郷フルマラソン全国大会」を残すのみとなりました。時期的かつコース的にタイムを狙える大会ではないので、食べ歩きファンランとなるでしょう。
おわり

本日の活動軌跡